おやつが大好きな花嫁様には!

2013.12.09 (月) / 未分類 / Author: be4salon

こんにちは!

ブライダルエステ専門店 美4サロン 千葉店 原口です!(^^)!

 

本日はダイエットもしたいけど

なかなかおやつがやめられない。。

という花嫁様にぜひ役立てていただきたい情報盛りだくさんです!

まず!

おやつのカロリーは、一日量の10%を目安に

ダイエット中のおやつは、一日に必要なカロリーの10%程度を目安にしてみてください。1600kcalの人は160kcalという具合。この分をおやつのカロリーとして確保し、ほかの食事を調整すると良いみたい。

体に必要な栄養素をまんべんなく摂ると体内の代謝もよくなり、長期的にみると太りにくい体質作りに役立ちます。そのためにダイエットには食事をきちんと食べることが大切なので、栄養バランスを崩さない上でこの量が上限だと考えられるからです。

また、食べながら残すのは至難の技。最初から食べる量を取り分けておかないとついつい食べ過ぎてしまいます。袋から直接食べるのではなく、あらかじめお皿に取り分けてから食べる習慣をつけてみましょう!

「1日100kcalでは、大好きなケーキが食べられない」と嘆く人も、心配ご無用。そんな場合は、一週間あたりに換算しておやつ計画をたててみてはいかがでしょうか。

【カロリー高めのおやつを食べたいときの例】
160(kcal)×7(日分)=1120(kcal)
これを一週間分のおやつのカロリーとして、調整するのも良いと思います。毎日おやつにケーキやアイスクリームではNGですが、週に3~4回であれば、ボリュームのあるおやつを食べても大丈夫なのです。

ダイエットは何よりも継続が大切。我慢しすぎてリバウンドするよりは、適度な量を楽しみながら続けるほうが、長い目で見て効果的だと考えられます。

おやつを食べるタイミング

おやつを食べるのに一番適しているのは午後の時間だと言われています。一般的に、午後3時から6時の間が1日で一番体温が高くなるので、カロリーの消費が多く代謝の良い時間帯だと考えられるからです。

つまりこの時間帯は食べても太りにくい、ラッキーなおやつタイムといえます! 空腹時間を長くガマンしすぎると、次の食事で食べ過ぎてしまうことも多いもの。少しのお菓子を食べて気持ちにゆとりを持つことは、ダイエットにも有効です。

逆に避けたほうが良いのは、やはり深夜。特に夜食時間にお菓子を食べるのは、体脂肪になりやすいと言われているので控えたほうが良いでしょう。

 

いかがでしたか??

少し今までと食べ方を変えるだけで理想的なダイエットができるかも

しれませんね!!

ぜひお試しください\(◎o◎)/!

Comments: 0

Leave a Reply

« | »