正しいメイク落としの仕方

2014.08.12 (火) / 未分類 / Author: be4salon

 

こんにちは。。ブライダルエステ専門店 美4サロン横浜店 平田です。

 

今回は、メイク落としについてお伝えしていこうと思います

 

まずは、

ポイントメイクを落とす

「目元」「唇」「眉」の汚れを落としましょう。
クレンジング料やポイントメイクリムーバーなどをコットンにたっぷり含ませ、ポイントメイクの上に30秒間おきます。その後やさしくふき取りましょう。

 

次に、

皮脂が多いTゾーンから

「おでこの中心から鼻の頭」、「おでこの中央からこめかみ」に向かって、らせんを描くようにクレンジング料をなじませましょう。
「小鼻と鼻筋」は輪郭に沿って、人差し指と中指を上下に動かします。

 

次に、

皮脂の多いUゾーンへ

「あごの中心から耳のつけね」に向かって、らせんを描くように、フェイスラインも必ずなじませます。

 

次に、

皮脂の少ない部分を

頬と口の周りは「顔の中心から外側」に向かってらせんを描くようになじませましょう。
目元は「目頭→まぶた→こめかみ→したまぶた→目頭」といった感じで目の周りを一周させながらなじませていきます。
※目元は特に皮膚が薄いので、やさしく扱ってあげてください。

 

最後に、

洗い流す

クレンジング料がメイク全体になじんだら、手のひらで肌をこすらず、顔にお湯をかける感じで洗い流してあげましょう。
※すすぎの回数を増やすと肌が乾燥する原因になります。

 

続いてウォッシングです

洗顔でやってしまいがちなのが、手で肌をこすってしまうことです。

これは一番やってはいけないことです

手でゴシゴシすると必要な皮脂を落としてしまうだけでなく、肌に負担を与えてしまいます。

 

洗顔で重要なのは…!!

きめ細かい泡をたっぷりとのせて、肌の上でくるくると遊ばせてあげることです

このとき、手が肌に触れる必要はありません。泡に汚れを吸着させるイメージです。

おでこや鼻など、脂の多いTゾーンは少し多めに洗ってあげましょう!

また乾燥しがちな頬などは軽めに洗ってあげましょう!

肌質によって洗い方を変えてあげることが大切です

※泡立ちネットを使うと簡単にたくさんの泡がつくれるので、ぜひ使ってみてください

 

毎日の洗顔で肌質改善を心がけましょう

 

 

 

Comments: 0

Leave a Reply

« | »