保湿がムダになる5つのNG習慣

2016.02.20 (土) / 未分類 / Author: be4salon

みなさんこんにちは!

ブライダルエステ専門店

美4サロン表参道店の佐藤です(^^)

 

乾燥しがちなこの季節は、たっぷり保湿することが重要!

しかし、保湿しているのにも関わらず、なかなか思ったような潤いや

もち肌を得られていない・・・と感じたことはないですか?

そんなときは、今行っているスキンケアちょっとした間違いがあるかもしれません。

 

今回は、勘違いNGケアついてご紹介します☆

 

 

①洗顔を行わない

冬は汗もかかず、肌は常に乾燥している状態。だからこそ、洗顔はお湯のみにするのが良いと思いがち。

しかし、それは間違いです!✖

冬でも肌の表面には汚れや皮脂が溜まっており、これらはきちんと洗顔しないと落ちません。

また、洗顔しないと後の保湿ケアもも奥まで浸透されません。

できるだけ優しい洗浄成分が入った洗顔料で朝晩洗顔を行いましょう。

 

②角質ケアを行わない

乾燥などで乱れたターンオーバーを促すために、角質ケアは必須です!

保湿しても乾燥肌のままの人は、まず角質ケアを優しく行いましょう。

 

③アルコール入りの化粧水を使っている

毛穴の引き締めとして化粧水によく使われているアルコール成分。

しかしこの成分は、皮脂膜を取り除いてしまう恐れがあります。

だからこそ、アルコール成分が入った化粧水を多用していると、

いつまでたっても乾燥しがちな肌に。

 

④お湯の温度が熱すぎる

温度が高いお湯ほど肌の潤いを奪ってしまいます。洗顔の際やシャワーの際は、

ぬるめのお湯を使うようにしましょう。

 

⑤保湿クリームの量が少なすぎる

高価なクリームを使う際は、なかなかもったいなくてチビチビと使いがちに。

しかし、それではせっかくの保湿効果も半減してしまいます。

必ず、パッケージなどに書いてある適量を使うようにしましょう!

 

 

ぜひ参考にしてみてください♡

.

 

 

 

 

 

 

 

Comments: 0

Leave a Reply

« | »