白無垢と色打掛け

2017.08.21 (月) / 未分類 / Author: be4salon

こんにちは☆ブライダルエステ専門店 美4サロン豊田店の佐藤です☆

皆さまいかがお過ごしですか?そろそろお盆も終わって今日からお仕事再開、という方や、

遅めの夏休みを取られている方もいらっしゃるのでしょうか?

私は今日も、お式に向けて花嫁さまをキレイにすべく、サロンでお手入れしております☆

 

さて今回は、白無垢色打掛けの違いについて簡単に紹介したいと思います

白無垢は、日本古来の結婚式のための正装の着物のことを指します。

掛下と呼ばれる白い振袖に白い打掛けを着て、小物も全て白で統一します。

白は日本古来の神聖な色であり、「生まれたときに着る産着の白」「死者に着せる死装束の白」など

花嫁衣裳の白は花嫁がこの世のものではないことを表しています。

自分が生まれた家の娘としてはいったん死に、新しく嫁ぐ家で生きる、という考え方なのだそう

「自分で覚悟を決めてお嫁にいく」という、日本人の心を表した衣裳なのだとか

一方の色打掛けも、立派な正装であり着物の中では最高位とされている着物です。

室町時代末期から江戸時代にかけて、着物の上にさらにもう一枚別の着物を羽織る打掛け姿が武家の女性の正装でした。

色打掛けはその豪華絢爛な美しさから、やがて裕福な町人や豪農にも広がっていったそうです

 

一般的には、挙式で白無垢、披露宴では色打掛けとなっています

白無垢で今までの自分を捨てて「無」になり、色打掛けで「妻」になる

そんな意味が込められているのだとか

 

衣裳一つとっても、日本古来から続くステキな意味が込められているんですね

色々考えていくと、衣裳選びもまた違った目線で楽しめそうですよね

Comments: 0

Leave a Reply

« | »