知っているようで知らない睡眠の真実

2012.09.12 (水) / 心と体 / Author: be4salon

みなさん、こんにちはヽ(´▽`)/
美4サロン横浜店の斎藤です。
今回は睡眠の雑学を書こうと思います。
昨日、なんでか急に不思議に思ってしまったんです。
「なんで寝るんだ?!」と…笑
そして調べてみると、人間を含め生きものがなぜ睡眠をとるのかというのはいまだハッキリとは解明されていないんだそうです!!(゚ロ゚屮)屮
そしていろいろ睡眠の雑学を調べてみましたモジ(((*´ε` *)(* ´З`*)))モジ
・ 起床時間は一定にすることが大事です。
休みの日は、一週間分の疲れをとろうと朝遅くまで寝てる人が多い。
その疲労回復方法は、大間違いです。
睡眠と覚醒のリズムが乱れてしまいます。
起きても、頭がボーッとしている休みを過ごすハメになります。
効果的に寝だめをするなら、朝寝坊でなく早寝をするのが基本です。
・ ストレスは脳細胞を疲れさせます。
そして、睡眠時間が長くなる傾向があります。
何日も続けてストレスを受けていると、眠っても眠ってもまだ寝足りないと感じることがあります。
逆に、「すべてが順調にいっている時期」とか「楽しい日々を送っているとき」の場合は、睡眠時間が短くなります。
・ 太陽には強い覚醒作用があります。
太陽の光を全身に浴びることで、脳が目覚め、気分が高揚し、すがすがしい気持ちになります。
・ 眠るときの姿勢は、その人の性格や生活様式に関係が深いといわれています。
「仰向けに眠る王様型」「うつ伏せ型」「胎児型」「横向き型」の四つのタイプがあります。
胎児型は、不安が募ってる人が多いと言われています。
・ 若い女性に増えている背骨がゆがむ脊椎側湾症は、仰向けに寝かせるようにすれば治ります。
・ 睡眠不足は、頭がすっきりせず仕事や勉強も効率が悪くなります。
睡眠過剰も同じです。
 一般に、働き盛りの人では7~8時間以上眠ると、かえって疲れが出てくるといわれています。
寝疲れです。
だらだら眠っていると、目覚めの仕組みがうまく働かなくなります。
あまりに長い睡眠の場合には、かえって強いストレスなど精神的な問題を抱えていないかどうか疑ってみる必要があります。
 
・ 睡眠時間は個人によって違いますが、年齢によってもかなり異なってきます。
新生児で18時間、10歳児で11時間、成人では7~8時間といわれています。
・ 子供の睡眠時間が長いのは、睡眠が成長と関係しています。
昔から「寝る子は育つ」っといわれています。
とくに深い眠りは、体の機能を回復させ、成長を促進し、心の健康を維持するのに役目があります。
・ 眠りにはレム睡眠とノンレム睡眠があります。
 レム睡眠は、眠っているときに目玉がキョロキョロ動き、脳にとっては比較的浅い睡眠ですが、
体にとっては一番深い睡眠状態です。
夢は、このレム睡眠の状態で見ます。
ノンレム睡眠は、レム睡眠以外の急速眼球運動のない睡眠のことです。
・ 睡眠は、ふとんに入って10分ほど覚醒していたのち、すぐに浅い睡眠から深い睡眠へと移行していきます。
最も深い睡眠まで進むのに30分しかかかりません。
それが30分ほど続いたあと、眠りは浅くなってレム睡眠になります。
それを一晩に四~五回繰り返すのが普通です。
・ 目覚めは大きく分けると、「頭がぼんやりしている」「頭がすっきりしている」の二つです。
前者の場合はノンレム睡眠から目覚め、後者の場合にはレム睡眠から目覚めている状況です。
脳にとっての浅い睡眠であるレム睡眠のときに起きれば、すっきり目覚めることができるわけです。
・ 金縛りは、「睡眠麻痺」ともいわれいます。
入眠時や朝の目覚めのときに自分で自分の手足を動かすことができず、声も出ないといった状態です。
心霊現象のひとつとして語られることも多いようですが、生理学的にはレム睡眠の特殊な場合に起こる状況です。
レム睡眠の状態では、体の眠りともいうべき眠りなので、筋肉はゆるんでぐったりとしています。
この状態で急に目覚めたり、急に起こされたりすると、金縛りが起こるのです。
・ 老人の眠りは、「寝つきが悪い」「夜中に何度も目が覚める」「朝早く目が覚めてしまう」の特徴があります。
これは深い眠りが若い人に比べて大幅に減少するためです。
・ 「眠れないときには哲学書を読め」と、昔からいわれています。
むずかしいもの、おもしろくないもの、つまり脳が拒否反応を起こしてしまうような本が入眠のためにはよいのです。
いつの間にか、寝てしまいます。
 逆に、おもしろい本を読むと覚醒中枢が刺激されて眠れなくなってしまいます。
仕事に関する本なども同じように危険です。
あれこれ頭を使いすぎて、寝ようと思ってももう眠れなくなります。
・ 本を読む姿勢は、眠りたいときには仰向けの姿勢で読むのが効果的です。
逆に、眠りたくないときには腹ばいになって読みます。
・ 睡魔は、体温が低下していくときに自然に訪れるようになっています。
・ 就寝前の風呂は、ぬるめのお湯が効果があります。
熱い風呂は逆効果です。
交感神経の働きが活発になって、寝られなくなります。
・ あくびは、睡眠不足のサインではありません。
脳を覚醒させるための手段です。
 あくびは、普通大きく口を開けて息を吸い込み、それからおもむろに吐き出しますが、
実はこうして大きな口を開けるときにアゴの筋肉が強く引っぱられ、それが脳に感覚情報として送り込まれ、
覚醒させるように働きかける役割があります。
みなさんもいい睡眠をとって、明日を笑顔で過ごしましょう(*^ー゚)bグッジョブ!!

Comments: 0

« | »